選挙に出馬するには金がいるって。

選挙に出馬するには、供託金を預けなくてはならない。って知ってますか?
それなりの金持ちで、地域に貢献して顔や名前の知られていて、それなりに得票数の稼げる人しか、落選してしまうと供託金は返ってこないのだそうです。
衆議院・参議院や、比例での出馬によってもこの供託金には差があるようなんですが、どっちにしろ、失敗すればどぶに捨てるようなもの。
怖いですねぇ。ある意味ギャンブルです。
なんでも、むかしむかしに作った法律がそのまんま生きているらしいのですが、どう考えても、貧乏人は偉い人でも立候補できない。ってシステムに見えて仕方がありません。
金持ちで地盤のある2世・3世議員が多く国会を占め続けるのがわかる気がします。